--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-03(Thu)

3DSの3Dについてのレビュー

結論から申し上げますと、


「操作中に本体が頻繁に動いてしまうような
状態だと厳しい」

(例:アクションゲーム)


床にあぐらで座った状態のまま戦国無双クロニクルをプレイしましたが、
1話プレイしただけで目が疲れましたorz
これは3Dに見えるときと見えないときの切り替わりが多かったのが原因だと思います。
やはり3Dに見える視野角が狭いのは否めないですね。

ただ、これは本体が操作中に動きやすい状態だからそうなるのであって、
(小休憩後ですが)両腕の肘から手首までを机に接した状態でプレイした場合は、
1話通して3Dのまま問題なくプレイできました。

なのでベッドの上で横になりながらプレイする分には全く問題ないハズです。

3DS先行体験会に行った人の多くが「目に疲れを感じた」のは、
その体験会でプレイした際、恐らく立ったままでプレイという形だったから、
本体が固定されず疲れやすかったのかと思われます。

なので、自宅で遊ぶ分には3D最大でも楽しめますが、外出先では3Dを控えめにするか、
バス・電車等揺れやすい環境の時は3Dを切ってプレイすべきでしょう。
そう考えるとゲームプレイ中でも3Dの強弱・OFFが簡単にできる
あのスライドバーを採用したのはベストだったと思います。
プレイ環境に合わせて調整ができますからね。
同様に3D機能のペアレンタルコントロールも、そういう自主的コントロールは
子供には求めづらいのでいいかと。

他の気になっていた点として、視線を上下画面へ動かした場合についての
3Dの見え方ですが、ストレスを感じることはなかったです。


3Dは麻雀でいうドラみたいなものかと(´・ω・`)


<他>
音については、ヘッドホンつけた方が絶対いいです。
そもそも携帯機の本体付属スピーカーに性能のいい物を求めること自体が
構造的にも酷というものですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

TestID-No.3

Author:TestID-No.3
アソシエイトのウィジェットに
やたらと空白らしきものが
できてたのが元に戻ってる…

一体なんだったんだろうな
あれは(´・ω・`)

(冷やし中華風に)
amazon associate
        はじめました。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
FC2カウンター
Amazon Associate
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
プラグインテスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。